サンキャッチャーとは

サンキャッチャーとは、直訳すると「太陽を掴むもの」。
クリスタルガラスが太陽の光を受けることにより、光が虹の粒となって周りの空間に広がるインテリアアクセサリーで、別名
「レインボーメーカー」とも呼ばれています。

日の当たる窓辺につるして使えば、揺れるたびにたくさんの小さな虹が部屋中に揺れ動き、気持ちを明るく軽くしてくれます。欧米では、虹の光は幸せを運び込んでくれると考えられています。

また、最近の住宅はあまり日が当たらない場所や陰の気が集まりやすい作りになっている空間も少なくありません。
風水などでは、サンキャッチャーを日の当たらない場所に置くことで、光を与えて邪気を祓い、陽の気を取り入れる役割をしてくれます。適した方角に窓がない場合などは、その方角に飾ることで太陽の代わりとするのも効果的です。

サンキャッチャーの虹のきらめきは、日の光がある昼間だけでなく、夜に照明を当てることでも楽しむことができます。

夜のリラックスタイムにその美しいきらめきを眺めていると、心身共にリラックスするのを実感できるはずです。